悩みやストレス解消にロト6

単純に金運が自分のほうに向いてきていると考え、まずは何といってもそれに近いタイミングで発売されるジャンボ宝くじなどを購入してみます。
さらに、金運といっても「棚からぼた餅」的な運ではなく、精を出して働くとその報酬が上がるという意味合いの金運かもしれないと考え、頑張って働くようにします。
また、とりあえず自分は金運が悪くないのだからと考えて、いつもよりは積極的に募金や寄付をしたりします。
それでお金が減ったとしても、その運の良さで巡り巡ってお金が戻って来るから大丈夫、と考えます。

最終的におみくじの結果どおり金運に恵まれたことを実感するような出来事が起こったら、必ずそのおみくじを引いた神社へ再び出向いて、そちらの神様にお礼に行きます。
そもそもおみくじというのは、神様の言葉が紙に書かれて手元に届けられた手紙のようなものと解釈しているので、お礼参りは欠かしません。

しかしながら、たとえおみくじの結果が良かったとはいえ必ず当たるとも限りません。
性格的にそんなふうに心の片隅で思ってしまうのも事実なので、かえって財布の紐は締めて無駄使いをしないよう気を付けたりします。
そして当たるどころか、お金を盗まれたり落としたりするなど、全く逆の現象が起こってしまうと悲しいので、お金の管理に気を付けたりもします。

«
»